Language

Language
中文(简体)
中文(繁體)

学業成就を応援する、ストッパ受験応援祈願です。

下痢に効き、学業成就を応援します。ストッパ受験応援祈願

受験応援祈願とは

受験生の皆様に下痢の悩み無く
試験を終えていただくために、
ストッパ担当者が
毎年「腹痛の神様」の
祀られた
京都・高倉神社さんに
祈願をしています。

受験生が心配な体調不良第一位は…

1位 腹痛・下痢

受験応援祈願の様子

ストッパを必要とする受験生のみなさまに、
ご利益がありますように! 2016年12月某日

①

高倉神社にやってきました。
神社に向かって一礼。

②

拝殿にて、参拝の儀と奉納の儀を執り行っていただきました。

③

ストッパ商品とライオンからの絵馬を奉納しました。

④

皆様の合格を祈願して、ストッパ担当者からの絵馬をかけてきました。

高倉神社さんのご紹介

高倉神社

京都府綾部市にある高倉神社は、古くから「腹痛の神様」として広く愛され、親しまれてきた神社として有名です。

言い伝えによると、源氏の有力者であった源頼政が、平家の専横政治を打倒しようとして、後白河天皇の第二皇子、以仁王を中心として挙兵する計画を立てたのです。この以仁王がまさに「腹痛の神様」とされておまつりされている人物なのです。

以仁王は源頼政とともに、平家追討の兵を挙げたのですが、敗北してしまいました。そして源頼政は平等院にて自害しました。以仁王は何とか逃れたのですが、腹部に矢傷を負ってしまい、家来とともにこの地にたどりついたということです。

しかし、以仁王の腹部の矢傷は次第に悪化していき、ついに1180年「後世、庶民の腹痛の悩みを吾代って救わん」という言葉を残し亡くなられたのです。その以仁王の霊を慰めるため、翌1180年に高倉神社が創建されたということです。

高倉神社という名前の由来は、もともと以仁王は京の三条高倉に住まれており、高倉宮と呼ばれていたことから語り継がれているようです。

受験のピンチ、公開中!

下痢で困った!受験あるあるこんなにあります!受験には、ストッパ!詳細はこちら
ページのトップへ